病院で行わない治療、それが代替医療

医療とは、一般的に病院などの施設において、医者によってもたらされる治療のことをいいます。
怪我や病気に対する直接的な処置だけでなく、検査やカウンセリングなど内容は多岐にわたり、人間の健康の維持、回復、促進を目的としたほぼすべての事項がこれに当てはまります。

一方民間人によって行われる治療については、代替医療と呼んで区別しています。
代替医療はもともと欧米からやってきた言葉なので、その概念には欧米の医学の歴史が色濃く反映されています。
具体的な内容としては、ハーブやサプリメントを用いたもの、気功やレイキといった科学的に証明されてない人体のエネルギーに関するもの、食事療法などが挙げられます。
日本独自の民間療法もここに含まれます。
しかし、代替医療の効果については医学的には証明されておらず、またその治療によって却って症状が悪化するといった事態もあるため、基本的に医者はこれらの治療法を認めていません。
そのため代替医療の治療法を試す場合は、病院で行う通常の治療と並行して行い、更にかかりつけの医師に問題が無いかどうか確認することが大切です。
しかし、これらの治療によって症状が改善したという人も多くいます。

Just another WordPress site